釜石レジェンドマッチ

釜石鵜住居スタジアムが完成し

こけら落しのイベントで

新日鉄釜石ー神戸製鋼のレジェンドマッチが行われ

神戸製鋼のキャプテンを務めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新日鉄釜石は私にとっても

すごく思い入れのあるチームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が本格的にラグビーを始めた頃

日本選手権を連破していたのが新日鉄釜石です。

 

大学3年の時、学生選手権を取り

日本選手権で戦ったのも3連覇を目指す

新日鉄釜石でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半ドロップゴールで先制し、

接戦を演じはしたものの

3-10で敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人になった年は全国社会人大会で

新日鉄釜石と当たり、ぼろ負けをしました。

 

翌年のシーズン最初のミーティングで

まだ日本一の目標が定まっていなく

「一回くらいトヨタに勝ちたい」

と言った先輩達に、

 

 

 

 

 

 

 

 

「皆さん、トヨタに勝ちたいんですか?

関西リーグで優勝したくて

ここでラグビーをやってるんですか?

 

違うでしょう!!

 

トヨタじゃないでしょう!

関西リーグじゃないでしょう!

 

ねえ俺たちは、日本一になりたいんじゃないんですか?!

日本一になりたくてここに来たんですよ!

日本一になりたいんですよ!!」

 

と泣きながら訴えたことを思い出します。

それから打倒釜石がチームの目標となりました。

 

 

 

 

 

 

その夢が叶って、新日鉄釜石の

8連覇を阻んだのは神戸製鋼でした。

 

しかしながら、新日鉄釜石に勝ちながらも

しばらく優勝に手が届かない時代もありましたが、

その後神戸製鋼は新日鉄釜石と同じ

7連覇を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

打倒新日鉄釜石に燃えラグビーをしたのが

まさに私の青春時代でした。

 

同じ鉄の会社で、同じく7連覇をし

そしてお互い大震災にも遭遇した。

 

また新日鉄釜石のメンバーとは

日本代表ではチームメイトとして

よく一緒に戦いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事もあり、新日鉄釜石は非常に

思い入れの強いチームであり

今回のレジェンドマッチを

皆な楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、私は震災復興ラグビー寺子屋を

やってきましたが、実は昨年は鵜住居の

釜石東中学でもラグビー寺子屋を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

釜石市内の犠牲者の半数は鵜住居町など

大槌湾に面した地域でした。

 

そんな中で、釜石東中学校と鵜住居小学校の

生徒・児童達は、刻々と変わる状況に

機転を利かせ、自らの命を守り、

在校していた約600人全員が無事に避難し、

釜石の奇跡と呼ばれました。

 

釜石東中学は水没しましたが、

場所を変え新しい校舎が建ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな釜石東中学校でラグビー寺子屋を

行いました。

 

釜石シーウエーブスの桜庭GM、

スクラム釜石の石山代表も

参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

全校生徒達にラグビー講話を約1時間。

その後グラウンドに出て、

特設ラグビー部の子供達と約1時間

ボールを持って遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は特設ラグビー部は佐々木校長の

肝入りでまだ出来たばかりとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな意味で思い入れの深い

鵜住居スタジアムのこけら落し

新日鉄釜石とのレジェンドマッチ、

実際にプレーしたのは15分余りでしたが

転機にも恵まれ、ラグビーを堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後は宝来館に移動して

シャワーとバーベキュー。

 

ラグビー仲間たちと、最高に楽しい

時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビカメラも沢山取材に来ていて、

色々とインタビューをされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また新日鉄釜石の皆さんと

試合をする事はあるのでしょうか?

 

「今度は神戸でやりたいなー」そんなことを

話しながら、宝来館を後にしました。

 

花巻空港から飛行機に乗り大阪まで一っ飛び

「それじゃあまたな!」と言って

遠征したメンバー達と別れました。

 

ラガー達の、夏休みが終わりました。

仕事はWANT TOで

昨日は、感性フォーラム仲間の
森さんが訪ねてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森さんは、ガソリンスタンドの運営や
各種スタッフの派遣業務をしている
株式会社ヒュートムのNo.2で
大阪、神戸の代表です。

徳島の出身、元ラガーで
いつも阿波踊りに来てくれるのですが
今年は参加できなかったからと
神戸のミーティングの前に
顔を出してくれました。

ヒュートムはこの業界No.2の
リーディングカンパニーですが
働き方改革や基本賃金のアップ
人手不足等様々な課題も
あるのだそうです。

ご依頼が沢山あるのだけれど
しっかり足元を固めて
無理な業容拡大はやめようと
残念ながら対応しきれてない
状態なのだそうです。

あれやこれやと、やって行きたい
やらなければいけない事が
あるのだそうですが、
仕事はHAVE TOでなく
WANT TOでやりたいですよね。

人間はやらなければならないと
HAVE TOで考えるとパフォーマンスが
落ちてしまうのだそうです。

本来やりたくて始めた仕事
ビジョンを描いて、こんな風に
なったらいいな〜と、達成した
状態をありありとイメージして
こうしたいなと言うWANT TO
で活動する事が望ましいですよね。

エネルギーの源は感情なのですが
それを感じることを我々は
疎かにしているのではないでしょか?

盛和塾で稲盛塾長に教わった、
経営の原点12ヶ条の第3条に
強烈な願望を心に抱く
とありましたが、わざわざ
強烈な願望を抱け、と言うのには
訳があると思われます。

やりたくもない事を、強烈な願望に
するのは難しいと思います。

こんな風になったらいいな〜、
と言う夢をありありと描いて
WANT TOになった時、
仕事が楽しくなってくるのでは
ないでしょうか。

最高の意味や価値を感じたら
モチベーションが湧いて来ます。

JAL再生の時、稲盛塾長は
幹部へ手紙を書きましたが
その中には、夢を深く語る、
と言うキーワードのがありました。

夢があれば頑張れる。
夢を深く語ってくれ、と。

謙虚、勇気、素直、感謝
誰にも負けない努力
そして、夢を深く語る、
がキーワードでした。

実はもう2つあって、
経営者意識を持て、採算意識を持て、
と続くのですが、言葉としては
シンプルですが、しっかりと
やれるかどうかが大切なのだと思います。

働くとは何か?
について改めて考える
機会にもなりました。

「久しぶりにお会いできて
嬉しかったです。」と
メールを頂きましたが、
私も久しぶりに会えて色んな
話が出来て嬉しかったです。

阿波踊りのご案内

今年も阿波踊りの季節がやってきました。

本家大名連に仲間入りして今年も踊ります。

一緒に踊りたい方、歓迎します!!

 

 

 

 

 

 

 

♪踊る阿呆にみる阿呆、

同じ阿保なら踊らにゃそんそん♪

 

 

 

 

 

 

 

暑い時には暑さの中に浸りきりましょう

 

日時 8月14日(火)16時集合 23時頃解散

(現地集合・現地解散 /必要な方には宿泊先を斡旋致します)

 

 

 

 

 

 

 

集合場所  鳥巣亭

徳島県徳島市両国本町2-18    088-652-1773

(お店で浴衣に着替えて、食事をして一杯飲んで、練習をして出かけます)

 

会費    1万円

(夕食 浴衣クリーニング代 大名連への謝礼 込みです)

 

 

 

 

 

 

 

必要な物  財布代わりの巾着またはポシェットのようなもの 浴衣の下に着る

T-シャツ、 短パン、踊り足袋、手ぬぐい(現地でも購入可能です)

 

お申込み・お問い合わせは 12日までに info@npo-heroes.com へどうぞ

ラグビーシンポジウム ロータリーデー

村岡先輩、延原社長、村上さんと

2019年2月9日の

ロータリーデーの打ち合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、村上さんと北新地のバー

ヒーローズカップのレフリーでも

お世話になっている鍵さんの

bar B flat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして北野高校ラグビー部出身で

ビルオーナーでもある山田さんの

缶詰ラグビーバー?山田屋を

ハシゴしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロータリーは世界的な組織ですが

国際ロータリー2660地区

1組には15のロータリークラブが

所属しています。

 

15のロータリークラブが共同で

開催するのがロータリーデーです。

 

同志社ラグビー部先輩の村岡社長が

大淀ロータリークラブの今年会長で

ロータリーデーの責任者です。

 

ワールドカップイヤーにちなんで

次世代を育てるラグビーイベントを

やろうと言う事で始まりました。

 

大阪のNHKホールを借りて

ロータリアンだけでなく、大阪の

小・中学生ラガー・ラガール達を

招待して二部構成で行われます。

 

一部の基調講演は、

感性を研ぎ澄ませ!楽しく苦しく美しく

と題して、私がお話をさせて頂きます。

 

二部のシンポジウムは

繋ごう未来への感動を!ノーサイドの後に

と題してパネルディスカッションを

行います。

 

パネラーが素晴らしくて

日本ラグビーフットボール協会副会長

関西ラグビーフットボール協会会長の

坂田好弘さん

 

日本スポーツ振興センター理事長

元Jリーグチアマン

早稲田大学ラグビー部OB会長の

大東和美さん

 

ヤマハ発動機ジュビロの

五郎丸歩さん

ロータリー2660地区ガバナー

 

小倉屋山本代表取締役社長で元ラガーの

山本博史さん

 

そして私

NPO法人ヒーローズ会長

林敏之

 

コーディネーターは

ラグビージャーナリストの

村上晃一さんです。

 

私が言うのも何ですが

仲々凄いメンバーだと思いませんか?

 

小・中学生ラガー・ラガール、保護者、

ロータリアンはじめご来場の皆様に

熱いお話を聞いて頂けるのでは

ないかと思っています。

 

私自身も楽しみにしているイベントです。

今日から8月です

今日から8月です。

 

2018年がスタートしてあっという間に7か月が過ぎました。

今年は色々と新しいことにチャレンジする年でもありますが

その一環としてHPもリニューアルしました。

ワードプレスを使うのも初めてなのですが

とりあえずは、ブログを書いてみます。

使てみないと、わかりませんものね。

習うより慣れろ、って言いますよね。

なんでも習慣をどう作っていくかですよね。

自分自身のコンフォートゾーンを意識的に

つくっていきたいなと思っています。

今までも色々とやってはきましたが

新たな挑戦を楽しみたいなと言う気分です。

 

 

 

 

 

 

 

以前、ある人に言われたことがあります。

「貴方、いろんな所に行ってきましたね。

バーバリアンズって何ですか?」

バーバリアンズって言うのは、

イギリスのラグビー世界選抜チームの名前です。

ラグビーを通じていろんな所へ行き様々な体験をしてきました。

また、研修や講演を通じ、ラグビー寺子屋や

ヒーローズカップを通じ、いろんな場所へ行き

沢山の人たちと交流させて頂きました。

林敏之オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

人生は面白いものですね。

人生にはいろんな局面がありますが、

ラグビー(楽苦美)を始めたこと

教育・研修の仕事を始めたこと

NPO法人ヒーローズを続けてきたことが

いろんなつながりを作って

私の人生を豊かにしてくれたと思います。

色々思い悩んだ事等も無くはなかったわけですが

こうして周りの方々とのつながりを持ちながら

元気に生きている、生活をしている。

何と有難い、いい人生でしょうか。

A HAPPY DAY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯もらったものをお返ししていく番ですね。

そんな風に思ってヒーローズの活動も続けてはきましたが、

活動している自分が一番いろんなものを

もらっている様に思います。

浸りきる事と湧き上がる感動

 

人生そんなにたくさんの事があるわけではありません。

私の人生は、ラグビーと感性教育で構成されていますが

それでも人に伝えるべき、湧き上がるものがありました。

「一期は夢よただ狂え!」とは藤田東湖の教えですが、

浸りきる事と湧き上がる感動を体験し、

湧き上がるものを伝えることが

私の人生のワンテーマではないかと思っています。

 

 

 

 

HPやブログを通じ、また新たにたくさんの方々と

繋がっていける事を楽しみにしています。