東京で活動

兵庫選出で徳島県生ま    れの
衆議院議員、関芳弘先生の
(自民党、4期、環境副大臣、
経済産業大臣政務官を歴任)
お声がけによる、第1回
徳島人の集まりに参加しました。

 

 

 

 

 

 

参加したのは、内閣官房、財務省、
経済産業省、厚生労働省、文部科学省等で
働く責任のある立場の皆さんと
大手民間企業の役員の方々
10数名と言う濃い集まりでした。

 

 

 

 

 

 

徳島県人も色んなところで
活躍しているなと思う会でした。

 

 

 

 

 

 

関先生とは神戸でもまた
ご一緒する予定で、楽しみです。

その後ヒーローズの皆んなと合流。
こどもラグビー世界大会2019の
打ち合わせ後の懇親会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもラグビーワールドフェスティバル
通称こフェスをやりたいと思っています。

世界中の少年少女ラガー・ラガールが
集まってきます。

4年に一度じゃ無くて、一生一度❗️
今までやってきたイベントの中でも
最大のものになります。

2次回は、5周年のお祝いを兼ねて
西麻布、松尾雄治さんのリビングへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

何時もながら大勢のお客様で
賑わっていました。

一夜明け、雨の中を新幹線で
関西へ向かって走っています。

関西生産性本部で予定されていた
講演は、台風のため延期となりました。

1年前だよ!ラグビー好き全員集合!!

 「1年前だよ!ラグビー好き全員集合!!」

 

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップ開催まであと1年と少しとなりました。

ちょうど1年前の20日には大阪で!

23日には東京で!

この一生に一度のラグビーイベントを是非とも成功させるためにも、

ラグビーファンのみんなで盛り上げるイベントを開催致します。

 

ドレスコードは「サムシングラグビー」ヘッドキャップをかぶるも良し、

ボールを抱えて来るも良し、全身ラグビージャージも良し、

何かラグビーのものを身につけてご参加下さい!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆

 

また、当日は

釜石こどもラグビー未来基金への寄付も募らせて頂きたいと思います。

宜しくお願い致します
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/…/detail/1195345_3208.html

皆様のご参加をお待ちしております

主催: ノーサイドプロジェクト & ヒーローズ

 

 

自動代替テキストはありません。

 

OSAKA
9月20日木曜日19時半より
会場:がんこ寿司東通店
集合:18時半、紀伊国屋ビッグマンスクリーン前
会費:一人4500円
パーティオーナー:林敏之
ゲスト:交渉中

自動代替テキストはありません。

 

TOKYO
9月23日・日曜日18時より
会場:TOKYO都庁議事堂レストラン
集合:17時、JR新宿西口1階京王百貨店前
会費:一人4000円
パーティオーナー:村上晃一
ゲスト:大西将太郎ほか

 

 

 

 

 

 

 

 

お申込み、お問い合わせは
info@npo-heroes.com
ヒーローズ事務局
‭06 6864 7311‬まで

ヒーローズカップ

暑い日差しの中にも、ビルの谷間を吹く風の涼しさに、

秋の訪れを感じる今日この頃です。

ラグビーを愛する皆様におかれましては、

来るべきシーズンを楽しみに、お元気にご活躍の事だと存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグビーW杯までいよいよ1年余りとなりました。

「4年に一度じゃない。一生に一度だ!」

のキャッチコピーを目にしますが、

我々日本のラガー・ラガールにとっては、

まさに一生に一度のイベントです。

 

私に湧き上がる感動をくれ、

そして成長させてくれた「ラグビー」に恩返しをするべく、

W杯の成功とラグビーの盛り上がりを願う多くの方たちと共に、

果敢にチャレンジしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

さて、私が代表を務めておりますNPO法人ヒーローズは、

毎年ヒーローズカップを開催しております。

昨年の第10回ヒーローズカップ記念大会には

全国から236のスクールが参加してくれました。

決勝大会には鈴木大地スポーツ庁長官にもお越し頂き、

スポーツ庁長官賞の授与も頂きました。

 

 

 

 

 

 

今まで多くの方々の、ご協力とご支援を頂き、

ここまで続けてくることが出来ました。

そして今後も、沢山の方々のお力とチャレンジ精神で

支えられて行くものだと思っています。

 

 

 

 

 

 

ヒーローズカップはチャンピオンシップの大会です。

しかし、この大会の根底に流れているものは、

勝つことだけに囚われたり拘わったり、主眼を置くものではありません。

もちろん、スポーツですから勝利を目指すのは当然です。

勝敗はつくのですが、勝つこと負ける事、どちらも貴重な体験です。

 

 

 

 

 

 

 

負けを知らない勝者はいません。失敗を知らない成功者もいません。

むしろ負けたり失敗したりすることの多い世の中です、

その体験をどうとらえ生かしていくかが重要です。

 

ヒーローズカップでは、その場でしか体感できない貴重な体験を、

多くの子供達にしてもらいたいと思っています。

その体験を糧に、果敢に挑戦し続ける人に育ってほしいと願っています。

 

 

 

 

 

 

単にラグビーが上手いだけではなく

「ONE FOPR ALL ALL FOR ONE」と言うラグビー精神を身に着け、

「さすがにラグビーやっている子は優しいね!思いやりがあるね!

ONE FOPR ALL ALL FOR ONEが出来ているね!」と言ってもらえる、

素晴らしいヒーローたちが群生してくれる事を夢見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また「あの子もこの子もラグビーをやっているよね。

5人に1人位はラグビーをやっているんじゃないかな?

皆なヒーローズカップを駆け抜け、人生のヒーローに育っていくんだよね」

そんなことが語られる時を夢見ています。

 

ヒーローズカップ第11回大会決勝大会は、

W杯の決勝が行われる日産スタジアムで行われます。

W杯を観戦しながら、

「僕はこのグラウンドを走ったんだよ!」と自慢する、

子供たちの顔が目に浮かびます。

 

ヒーローズカップは日本のどの地域からでも出場頂けます。

皆さんが練習をしているグラウンドは、W杯決勝の地に繋がっていますので、

是非沢山のチームにご参加頂きたいと思っています。

ヒーローズカップ

 

 

 

 

 

 

ここまでヒーローズカップを続けてくることができましたのは、

一重にラグビーを愛する皆様の暖かいご支援のおかげです。

本当に有り難うございます。

今後ともグラウンドを駆け抜ける子供たちに、

そしてヒーローズカップに対しまして、

暖かいご理解とご支援を賜りますようお願いを申しげます。

 

詳しくはヒーローズカップ公式サイトをご覧ください。

読売巨人軍の久保会長を訪ねました

読売新聞本社に読売巨人軍の

久保会長を訪ねました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

徳島生まれの私は巨人大鵬卵焼き世代

好きなチームは巨人、王選手や長嶋選手の

活躍をワクワクしながら見ていました。

ちなみに好きな漫画は巨人の星でした。

 

久保会長は以前は読売新聞で

事業局長をされていました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

ラグビーも大変お好きで、

オックスフォード、ケンブリッジの

招待ラグビー等も手がけられていました。

 

以前ヒーローズカップ決勝大会を

観戦に来て頂いた事もありました。

 

この日はワールドカップに伴う

ラグビーイベントの件でご相談に伺いましたが、

スポーツ事業部の西原次長と一緒に

面談頂きました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、室内

さすがに肩の力が抜けていて、

柔らかくて懐が深いです。

 

ONE FOR ALL ALL FOR ONE は

「和」であって日本の文化だとお話させて頂いたら、

縄文時代に興味があり、

人々は調和をしながら生きていたとお話頂きました。

 

秘書の藤本さんも大のラグビー好きとの事で記念撮影。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

 

よく見たら後ろは長島選手のユニフォームでした。

 

ご縁に感謝。

夢が広がるイベントをやりたいなと思っています。

釜石レジェンドマッチ

釜石鵜住居スタジアムが完成し

こけら落しのイベントで

新日鉄釜石ー神戸製鋼のレジェンドマッチが行われ

神戸製鋼のキャプテンを務めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新日鉄釜石は私にとっても

すごく思い入れのあるチームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が本格的にラグビーを始めた頃

日本選手権を連破していたのが新日鉄釜石です。

 

大学3年の時、学生選手権を取り

日本選手権で戦ったのも3連覇を目指す

新日鉄釜石でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半ドロップゴールで先制し、

接戦を演じはしたものの

3-10で敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人になった年は全国社会人大会で

新日鉄釜石と当たり、ぼろ負けをしました。

 

翌年のシーズン最初のミーティングで

まだ日本一の目標が定まっていなく

「一回くらいトヨタに勝ちたい」

と言った先輩達に、

 

 

 

 

 

 

 

 

「皆さん、トヨタに勝ちたいんですか?

関西リーグで優勝したくて

ここでラグビーをやってるんですか?

 

違うでしょう!!

 

トヨタじゃないでしょう!

関西リーグじゃないでしょう!

 

ねえ俺たちは、日本一になりたいんじゃないんですか?!

日本一になりたくてここに来たんですよ!

日本一になりたいんですよ!!」

 

と泣きながら訴えたことを思い出します。

それから打倒釜石がチームの目標となりました。

 

 

 

 

 

 

その夢が叶って、新日鉄釜石の

8連覇を阻んだのは神戸製鋼でした。

 

しかしながら、新日鉄釜石に勝ちながらも

しばらく優勝に手が届かない時代もありましたが、

その後神戸製鋼は新日鉄釜石と同じ

7連覇を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

打倒新日鉄釜石に燃えラグビーをしたのが

まさに私の青春時代でした。

 

同じ鉄の会社で、同じく7連覇をし

そしてお互い大震災にも遭遇した。

 

また新日鉄釜石のメンバーとは

日本代表ではチームメイトとして

よく一緒に戦いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事もあり、新日鉄釜石は非常に

思い入れの強いチームであり

今回のレジェンドマッチを

皆な楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、私は震災復興ラグビー寺子屋を

やってきましたが、実は昨年は鵜住居の

釜石東中学でもラグビー寺子屋を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

釜石市内の犠牲者の半数は鵜住居町など

大槌湾に面した地域でした。

 

そんな中で、釜石東中学校と鵜住居小学校の

生徒・児童達は、刻々と変わる状況に

機転を利かせ、自らの命を守り、

在校していた約600人全員が無事に避難し、

釜石の奇跡と呼ばれました。

 

釜石東中学は水没しましたが、

場所を変え新しい校舎が建ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな釜石東中学校でラグビー寺子屋を

行いました。

 

釜石シーウエーブスの桜庭GM、

スクラム釜石の石山代表も

参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

全校生徒達にラグビー講話を約1時間。

その後グラウンドに出て、

特設ラグビー部の子供達と約1時間

ボールを持って遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は特設ラグビー部は佐々木校長の

肝入りでまだ出来たばかりとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな意味で思い入れの深い

鵜住居スタジアムのこけら落し

新日鉄釜石とのレジェンドマッチ、

実際にプレーしたのは15分余りでしたが

転機にも恵まれ、ラグビーを堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後は宝来館に移動して

シャワーとバーベキュー。

 

ラグビー仲間たちと、最高に楽しい

時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビカメラも沢山取材に来ていて、

色々とインタビューをされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また新日鉄釜石の皆さんと

試合をする事はあるのでしょうか?

 

「今度は神戸でやりたいなー」そんなことを

話しながら、宝来館を後にしました。

 

花巻空港から飛行機に乗り大阪まで一っ飛び

「それじゃあまたな!」と言って

遠征したメンバー達と別れました。

 

ラガー達の、夏休みが終わりました。