ラグビー三昧

秋も深まり ラグビーシーズンも真っ盛り、

ラグビー三昧🏉の日々を送っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

花園ラグビー場では日本代表が世界選抜と戦い、

私がW杯地域特別サポーターをしている横浜の日産スタジアム

(W杯決勝の地)では、ブレディスローカップ

(ニュージーランド対オーストラリア戦)が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレディスローカップでは横浜の皆さんがレジェンドシートを設けてくれ、

60人余りの日本代表OBが集まり、試合後には大懇親会をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並行してニュージーランドとオーストラリアの子供達を招待し、

日新豪ラグビー交流festivalも開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流フェスティバルのフェアウエルパーティーでは、

皆んなで歌を唄い、ハカ(ウォークライ)をして、

3か国の子供達が一つになって盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年には世界中の子供達を集めてラグビー交流をしたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またクラッシックワラビーズのメンバーとも交流しました。

会長のハリソンさんとミーティングし2019年のワールドカップ時に

クラッシックジャパニーズと試合をしたいと申し込まれました。

9月28日のジャパンーアイルランドの日に試合をして

一緒にパブリックビューイングをしようかと話になりました。

 

29日には横浜で少年少女ラグビーのミーティングをし

神戸に移動してラグビー仲間達と飲みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月1日にはハマちゃんこと衆議院議員の濱村進先生の、

農林水産大臣政務官就任お祝いパーティーを

ラグビー仲間40人で開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月2日にはW杯決勝の地横浜で、決勝戦1年前を記念し、

関内の横浜市役所前でカウントダウンボード除幕式が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

林市長、黒岩県知事、嶋津W杯事務総長の後、

特別サポーターを代表してご挨拶し

ラグビーWCとは、選手達がある意味命がけで臨むものであり、

決勝戦には世界中の要人が集まる事、

また世界中の子供達が集まり日産スタジアムを走る機会を

作りたいと思っている事等をお話ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日3日には、横浜ファンゾーンテストイベント

「みなとみらいRUGBY STADIUM」が行われ、

トークショーと日本代表対オールブラックスの

パブリックビューイングに出演しました。

メンバーは高田延彦さん、吉木りささん東田哲也さん、

笹倉康誉選手、立山由香里選手でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ジャパン対オールブラックス戦』試合結果は31対69でした。

プレッシャーで相手のミスを誘いチャンスには確実に得点してくるオールブラックス。

スクラムもラインアクトも圧倒しキックの精度も高い。

しかしジャパンも5本の素晴らしいトライを取りました。

課題は沢山ありますが、スタジアムを埋めた4万3千人のファンは

最後まで熱心に応援してくれました。

パブリックビューイングが行われた臨港パーク特設会場でも

素晴らしいトライに大きな歓声が上がりました。

ジャパンへの期待は大きいです。

その声援に応える為にもジャパンには更なる進化を遂げて欲しい。

これからの追い込みを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨港パークに特設ステージの他に、

アスリートチャレンジやキックパスチャレンジ、

侍ラグビー他様々なブースも出ていました。

ワールドカップの時には比較にならない程沢山の人が

押し寄せ大いに賑わう事だと思われます。

一瞬雨が降ってきましたがすぐに上がり、

爽やかな秋の1日でした。